スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと」を途中まで読みました。

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なことを途中まで読みました。

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

というより、彼がどうしてこの本を書いたのか、社会がどうなって欲しいのか、というところまで読みました。残りは、具体的なノウハウ、ハウツーに入るので、ご興味あるかたは読んでみてください。

筆者の磯崎哲也さんは、超有名ブログ isologue の人です。カブドットコムやmixi、はてななど有名IT企業の取締役や監査役など、IT系のファイナンスですごーく活躍なさっているかたです。

彼は多くのIT企業のファイナンス支援をしながらも、まだまだ日本にはベンチャー企業が少ないと、感じているようです。その理由は、「ベンチャーの生態系」が無いから。

ベンチャーの生態系とは、自然界の生態系と同じで、個々の主体が流動性を持って経験と専門性を生かしながら、ベンチャーを育てていくシステムのことです。大企業であれば、会社を運営するすべての機能を、会社の中で持つことが可能ですが、スタートしたばかりのベンチャーではとてもムリです。そこで、彼は、弁護士や、戦略コンサル、ファイナンス、人事といった専門性の高い分野のプロが、利益を享受できる形でベンチャーに参加できるシステムが必要で、そのシステムの門戸を大きく開き、人材の流動性を確保するべきだ、と考えています。

そして、もう一つ、「イケてる」企業=優秀でやる気があって成功が高そうなベンチャー が少ないとも言っています。つまり上記のようなプラットホームがあっても、優秀な企業が無いとどうしようもない、ということです。

日本にもtwitter や facebookみたいに、人々の生活や企業の活動に大きな影響を与えるようなベンチャーが育って欲しいですね。

ところで、磯崎さんは、私たちがぼんやりと分かっていることを、はっきりと文章に表してくれます。見聞きして何となく知っているものを、目の前にストンと見せてくれる感じです。

さすがアルファブロガー。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

はたらこね。

プロフィール

styleplususer

そこらへんの人です。
あ、どもども。

ネコリョーシカさん
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。