スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世代間格差ってなんだ?

昨日たまたまみた首都圏ニュースの中で、
たまたま知った言葉「世代間格差」

一体何かというと、ま、みてもらったほうがはやいので、これです↓
http://www.youthpolicy.jp/wp-content/uploads/2009/08/wakamonomanifesto2009web.pdf

これは、一生涯に払う税金と受ける保障の金額差です。

格差1億円
上PDF6ページより参照

同記事でこの原因をこう分析しています。

財政・社会保障の世代間格差が、看過できないほど拡大している。
 高齢世代が受け取る生涯の純受益額(=受益ー負担)は約5,000 万円のプラスだが、将来世代の純受益額は約4,500 万円のマイナスと、高齢者と若者で1億円近い格差が生まれている!
 その原因のひとつが賦課方式の社会保障システム(年金・医療・介護)にある。賦課方式の社会保障システムでは、高齢化の進展によって若年世代に過重な負担を強いることになる。世代間格差のもうひとつの原因が、財政赤字の拡大である。日本の公的債務残高の対GDP 比は約200%になっており、日本の財政破綻確率は46%に高まっている。



もちろん、このマニュフェストは、高齢者が悪いといっているわけではありません。ただ、

少子高齢化、しかも、若年層の投票率の低さで
 ⇒若者政策、次世代政策が選挙の争点になりにくい
 ⇒将来の社会に対しての政策はなかなか出てこない
 ⇒つまり高齢世代の発言力大

この状況は社会に大きく影響しているようで、たとえば雇用に関して言うと
 ⇒若年層ほど非正規雇用比率が上昇。高齢の労働が保護されているという現実
 ⇒退職金優遇税制も、終身雇用を有利にする仕組みも変わらず。
等々、出していけばキリがありません。

医療、年金、介護などの社会保障システムは、私たちが年金世代になるころは明らかに崩壊です。

もうちょうやばい!
黙ったまま納税してて大丈夫ですか?わかものの皆さん、選挙くらい行きましょうね。
直接政治に口出しできるところなんか、そこしなないわけですから。実質的に。

上の表に、やべっち!と感じたら、とりあえず、今日の代表戦を見て、何か考えてください。
きっとどっちがなっても、政策として大して変わらないんですよ。
でも、よいきっかけと思って。世の中の動きをウォッチしてみてください。

よーっし、久しぶりに永田町のあたりでジョギングしてこよっかな。
(民主党政権誕生の時に、運動してたら、職質されました 笑)

世代間格差ってなんだ (PHP新書 678)





スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

はたらこね。

プロフィール

styleplususer

そこらへんの人です。
あ、どもども。

ネコリョーシカさん
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。